娘と息子とちいさいお庭

子どものことと暮らしについて記します

感染後のシュミレーション - 子ども達をどうするか

先日、こんなTweetをしました。

 

 

 

このあいだ、初めてリアルの知り合いの方が感染したとの報告をInstagramで見かけまして、今更ながら私や妻が感染した場合のシュミレーションをしてみます。こうして体系的に文章で残すことでいざというときに落ち着いて対応できると思いまして。

まず、小さい子どもの親が感染した場合はどうすべきなのか。厚生労働省からの回答はこのようになっていまして、

https://www.mhlw.go.jp/content/000624907.pdf

抜粋すると、

子どもが新型コロナウイルス陽性の保護者と濃厚接触した場合に、検査結果が陰性であったり、検査対象となっていない(検査結果待ちを含む)ときは、基本的には自宅で待機していただくこととなる。

 

とのことです。また、子どもが陽性であっても入院を必要とする症状の悪化が無い限りは基本的に自宅療養だそうです。

自宅内で子どもの生活や健康管理を行うことが困難な場合、"子どもを保護する施設"からの受け入れもありますが、これは自治体により対応が様々です。

例えば浦安市ではこんな事業を展開しています。

www.city.urayasu.lg.jp

私が住んでいる自治体ではこのような案内を見つけることができませんでした。ただ、後述するように我が家では今のところ子どもの預け入れは選択肢に入っていません。自宅まで迎えに来てくれるなら、上の子だけ日中預けるのはありかもしれないけれども。

 

では、実際に私や妻が感染した場合、どのような生活になるのでしょうか。

 

私が感染し妻は陰性だった場合

症状が重ければもちろん入院。重くなければ自宅内隔離で、遅れてホテルを確保してくれそうです。自宅では妻が一人で3歳と0歳の面倒をずっと家で見ることになります。義両親はワクチン接種済みなので、ヘルプに来てもらえないか依頼をします。私が自宅内隔離の場合、

  • 基本的に生活は2階の仕事部屋と寝室のみ。トイレと手洗いは2階でできる。
  • 食事は感染していないほうが準備して(できるだけ簡単なもの)、2階の階段に置いておく。子どもに姿を見られないように注意。ごみができるだけでないものが良い。ごみは2階でまとめておいてごみの日に個別に出す。
  • シャワーは子どもが寝静まった後にささっとすませてすぐに風呂掃除を行う。シャワーヘッド、蛇口、ドアノブの除菌は感染していない方がやる(感染してるのに風呂掃除できるだろうか)。基本的に感染者は必要最低限の物理接触しかしない。歯磨きもシャワーのタイミングでしてしまう。歯磨き粉とうがいのコップはもともと別々だからOK。
  • 子ども二人と親は一階の和室で川の字で就寝する。寝室にあるダブルのマットレスを事前に和室に運んでおく。風呂は義両親が来てくれる場合はヘルプしてもらい、来れない場合は一人で入れる。
  • その日の食事は冷蔵庫にあるものでなんとかする。生協もあるのでたぶん大丈夫。後述する県からの配給とネットスーパーを合わせて利用すれば必要最低限は大丈夫(なはず)。配給品はレンチンのものが多いらしく2階には電子レンジがないので、食事を準備する際はパートナーのヘルプ要。上の子のごはんと下の子の離乳食のストック具合を優先してチェック。紙おむつとおしりふきのストックも要確認。
  • ホテルが手配できるのなら自宅内隔離よりもベター。上述の要領で時間を稼いで、自治体に確保してもらい次第すぐにホテルへ。
  • 国内出張用の持ち物チェックリストがあるので、入院かホテルの場合はそれをそのまま流用する。

 

妻が感染し私が陰性だった場合。

基本は上と同じパターンです。ただ問題はそろそろ1歳になる娘をどうするか。まだ授乳をしていて、夜も沿い乳で寝かせています。でももうそろそろ1歳になるし上の子もこのころに夜間断乳したので、いい機会なのかもしれません。子どもは軽症が多いといってもやっぱり子どもには移したくないし、感染した妻も症状がどこまで悪化するかもわからないので、これを機会に夜間断乳して夜も私が面倒を見ましょう。仮に義両親に来てもらったとしても、日中はほぼ仕事できないでしょう(私の両親は勤め人なのでヘルプは厳しい)。日中はずっと子どもの面倒をみて、二人が寝静まった夜からようやく落ち着いて仕事にとりかかる修羅コース確定です。

 

私と妻が二人とも感染した場合

3歳と1歳の面倒を朝から晩まで義両親にみてもらうのはさすがに不可能です。二人とも感染しているので、自宅に呼ぶのも避けた方がいいでしょう。車で3-4時間かかる実家に子どもを預け入れるのもまず無理です(そもそも家庭環境的にフルで子どもを預けるのは厳しい)。

⇒状況に応じて体調がましな方が交互に面倒みることになりそうです。仕事どころではなくなりますね。
1歳と3歳なんて子ども同士も親とも日ごろから文字通りべたべたくっついてばかりなので、親から子への感染予防は限界がありそうです。一応頑張りますが、それよりも親の体調とその日を乗り切ることを優先します。

千葉県では7日分の食料品を配給してくれます。

https://www.pref.chiba.lg.jp/kenzu/kenkouken/documents/siori5.pdf

イオンのネットスーパー等で離乳食や日用品も買えるので、最低限の生活水準は確保できそうです。感染が判明した段階で最低限必要な日用品のストックをチェックします。なければ即ネット注文します。

  • ティッシュ
  • トイレットペーパー
  • 離乳食
  • 上の子の食料品
  • 洗濯用洗剤
  • 食器洗い洗剤

今のうちにふるさと納税でトイレットペーパーとティッシュペーパー確保しておこうかな?

親と子が一緒に入院か宿泊というパターンもよくあるみたいです。我が家の場合は、下の子はまずナシ。上の子も慣れない場所で1週間以上缶詰にするのはかなり無謀なので、入院が必要なくらい悪化しない限りはみんな揃って自宅療養するのが最善となりそうです。

 

結論


後遺症とか重症化するかしないかとか関係なく、絶対に感染したくないです。親二人が健康でも1週間以上(というか数日でも)ずっと家の中で子どもたちだけと過ごすだけでも気が滅入るのに、感染して体調が悪かったり片方が感染してずっとワンオペで、家庭内感染にも気を付けて一度たりとも外に出ない生活が続くなんて、もう果てしなく絶望です。3歳の息子にいたってはイヤイヤ泣き叫んで物理的に外へ飛び出しそうです。Amazonで息子が夢中になりそうな、とびきりおもしろそうなおもちゃを(たくさん)買うしかないです。Youtubeも時間稼ぎにはなるけど1日中見て過ごさせるのは厳しいです。


実際にその状況になってみないと気が付かない点もたくさんあると思いますが、とりあえずこんな感じでしょうか。何か抜けている点、ここの部分は事前に検討しなくて大丈夫か、などアドバイスありましたらぜひお願いします。早くワクチン打ちたいです。

 

誰の目にも留まらない一人暮らしや重症化のリスクが高い高齢者や基礎疾患を持たれた方々。こうした方々に加え、直接いのちに関わるリスクは低いかもしれないけれど、小さい子どもがいる家庭にもこうした別の種類の問題点があることは注目に値すると思います。

 

 


そういえば、前の会社の独身寮に住んでいたとき、ノロウイルスに感染し一人寂しく1日中苦しんでいたことを思い出しました。あの時、同じ寮に住む同期のグループLINEにヘルプ(ボカリとかバナナを買ってドアの前に置いてほしい)を依頼したにもかかわらず、誰も反応してくれなかったことがノロウイルスと同じくらい身体に突き刺さったことを思い出してしまいました。