娘と息子とちいさいお庭

子どものことと暮らしについて記します

2歳差育児の記録③ - 娘のつかまり立ち~歩けるようになるまで(現在)

また前回の続きです。

www.may-papa-ik.com

つかまり立ち、伝い歩き(娘:11か月ごろ 息子:3歳ごろ)

つかまり立ちをしたと思ったらすたすたと伝い歩きをするようになりました。ダイニングテーブルの端にあるものは手が届くようになったので、お茶やら箸やら手に取ってほしくない物はテーブルの中央かキッチンカウンターに置かなくてはならなくなりました。また、息子が先にご飯を食べているとつかまり立ちでちょっかいを出すようになり、息子も邪魔されるのが気に食わないのか怒ります。また新たに放っておけないパターンが増えました。

いつのまにかソファにも登れるようになり、ソファの上で息子とじゃれるなど本気で危ないので、思い切ってソファは撤去しました(そのかわりにヨギボーを置いています)。

www.may-papa-ik.com

 

以前は娘を叩いたり押し倒したりしていた息子でしたが、繰り返し注意したおかげで意図的に押し倒したりすることはなくなりました。えらい。そのかわり娘にまったく抵抗しなくなります。娘にのしかかられたり目つぶしをされてもなぜか逃げずにその場にとどまり続け、泣きます。これはこれで目が離せなくなりましたが、危険度は低下したので以前に比べれば大分ましになりました。

相変わらず息子がすんなりお風呂に入ってくれませんでしたが、夕食前に二人とも入れてしまうか、夕食後に妻か私が娘をお風呂に入れ、その間にもう片方が食器洗いなどの家事をし、そのあとに息子をお風呂に入れるパターンが定着してきます。この間に次の日のごみをまとめておくと後々楽です。以前よりもこのルーティンがスムーズに行くようになり、ごはん⇒お風呂⇒着替えドライヤー⇒歯磨き⇒寝室へGo、を完了するまでの時間は大分短縮されました。この時期に、寝かしつけは家族全員で寝室に行くパターンが定着します(それまでは息子と私が寝室、妻と娘が和室)。みんなで寝室にいるのが楽しいのか、このタイミングで息子のテンションがあがってしまい、中々電気を消して寝るモードになってくれません。せっかくの時間短縮分がここで見事に相殺されます。

娘は、抱っこ紐だったら私でも寝てくれました。そのため、私が日中に娘の面倒を見る機会が何回かありました(抱っこ紐で寝かせながら仕事、のパターンも何回か…)。

 

歩く(娘:1歳 息子:3歳)

で、いま現在です。いつのまにかハイハイはほとんどしなくなりました。大人が私だけだと割と落ち着いて一人で遊ぶことが多いのですが、妻がその場にいると激しく後追いします。妻の姿が見えないと問題なくなります。兄妹の距離感も以前に比べればましになりましたが、娘の攻撃は続いているので油断できません。いまだに兄の食事も邪魔します。娘の夜泣き時は添い乳で対応していて、そろそろ夜間断乳の時期かなと考えています。

寝室で寝ない問題は、簡易プラネタリウムを買ったらいくらかましになりました。取り敢えず電気を消してくれるので、以前よりは寝かしつけの時間が短縮されました。

息子は3歳前くらいからあまりテレビ(YoutubeやPrime Video)に執着しなくなります。室内では追いかけっこ、ごっこ遊び、教材(ちゃれんじ)、その他おもちゃで遊んでくれるようになりました。一人で勝手に始めることもありますが、親が一緒になって遊んであげる方がやっぱり長い時間遊んでくれるし楽しそうです。

息子と外に出てお散歩、自転車の練習、一緒に自動車の洗車、お隣さんの家に転がり込む…、コロナ禍なりに楽しんでくれています。おもちゃは大抵娘に奪われるので、ダイニングテーブルの上で自然と自分で遊ぶようになりました(たまに足を嚙まれます)。

自分が遊んでいるおもちゃを娘に渡したりもできるようになってきました。あと、トイトレも順調です。

今後の展望

もう少し二人の距離感が落ち着いてくれると、その間に家事ができたりともっと時間を有効に使えるようになってありがたいですね。息子はブロック遊びが上手になってきたのでレゴ等で本格的に遊ばせたいのですが、娘がもう少し成長するまで待った方が良さそうです。レゴやプラレールといった、室内で広いスペースが必要な遊びを息子に思い切りさせてあげられないのがここ最近もどかしいです。あと半年くらいでしょうか…。

娘の夜泣きは相変わらず続いていて、添い乳で寝かせるパターンが続いてしまっていて妻の疲労が日に日に蓄積されていっています。そろそろ夜間断乳をしようと考えていまして、それが終われば夜泣きがあっても二人で協力して対応できますね。

来年度から息子が幼稚園に通い始めます。バスの送り迎えですが園が終わる時間が現在の幼児教室よりも早いので、息子が自宅にいる時間が数時間長くなります。

現在妻は専業主婦なのですが、そろそろ働き始めることを考えています。預かり保育がある幼稚園で預かり保育後もバスで送ってくれるので、私の在宅勤務と併せてうまく機能してくれそうです。この辺はまた別で記事を書きたいと思います。

 

娘の妊娠から現在までをざっくりと振り返ってみました。次回は1年後くらいに書きたいと思います(ブログ続けてるかな…?)